店舗探訪

先日、業務で弊社の呉中通り店に立ち寄ったら面白い作業をしていました。
今回はそんなご報告です。

今回の車両は第2世代最後のGT-R、BNR34です。
シャシリフレッシュのようで、あらゆる足回りのブッシュ類を打ち替えていました。

前からの写真を撮りたかったのですが、工場のレイアウト上、前からの隙間が狭く、フレームに入り切らなかったので後ろからです・・・
まぁ、後ろからでも見るに、フロントフェンダーはZ-tuneフェンダーになっています。
レーシングカーであれば、ホイールハウス内の乱流をアウトレットして、ダウンフォースを高めますが、乗用車用のこういった部品は排熱の効率的な排出が目的です。
なので、エンジンルーム内のフェンダーも穴が空いており、排熱をスムースに排出することが出来ます。

R34が生産終了してからもう17年が経過しており、フツーに走行するだけでも車両は歪んだり、ブッシュはヘタったりします。
特にブッシュはゴムで出来ており、ゴムは”生物(ナマモノ)”なので、経年でも劣化し、硬化しやがて亀裂が入りブッシュとしての性能を果たさなくなります。

そして、足回りは車両が止まっていても支え、動いているときは路面の凹凸を拾い微振動や大きく動いたりしています。
経年変化のため、走行していても実感を中々持てないのですが、ブッシュは確実に劣化していきます。

サスペンションメンバーは防錆塗装も一緒に。

あくまでリフレッシュの際は純正ブッシュをベースに部品があればNISMOのリペアパーツも利用しながらの作業でした。
「純正」と聞くと柔らかく乗り心地は良いけど、踏ん張らないイメージがあるかもしれませんが、こういったパフォーマンスカーは元々ブッシュの弾性も高められており、”純正交換”をしただけでも、しなやかにかつ剛性感はしっかりと効いてくれます。

部品点数も多く、一つ一つを手作業にて行う上、車両状態を確認しながらの作業のため、見積もりも一定ではなく、部品を降ろしてみると想定外の部品交換が発生する場合もあり、全ての方へ簡単にオススメすることはできません。

が!

完成した車両は明らかにその前とは別物の動きをするハズで、思わずニヤけてしまうくらい、気持ちよく走ることができると思います。
高年式となってきて、走るよりもメンテナンスの領域に入ってきていますが、エンジンは”最悪”交換することが出来ても、ボディは交換出来ません。(ホワイトボディ売ってるのかな?)
シャシメンテナンスで次なる年代まで乗って欲しいですね!
(今日はマジメに書いてみました。)