始まっています、B12H

Kです。
いい加減もうやかましいでしょうが、昨日からバサースト12時間のレースウィークが始まっています。
昨日は練習走行、今日土曜日は練習走行と予選、明日が決勝となります。

先日NISMOがこのバサースト12時間を開幕戦とする、IGTC(インターコンチネンタルGTチャレンジ)にフル参戦することを発表しました。

ニッサン、鈴鹿10時間を組み込むIGTCにフル参戦。松田次生、千代勝正も名を連ねる – auto sport web

記事タイトルにもあるように、このIGTCは昨年から開催されている鈴鹿10H(スズカテンエイチ)をシリーズに組み込んでおり、世界を転戦するGTカーのレースシリーズになります。
以前から開催されてあるブランパンGTシリーズを運営するSROが2019年よりプロクラスの参戦に制限をかけたのでこのような形になったのでしょうね。

SRO、2019年ブランパンGT骨子を発表。スプリント各地域戦が『GTワールドチャレンジ○○』に – auto sport web

さて、レースシリーズのお話はまた後日として今年のバサースト12時間は決勝前から波乱です。
昨日のフリープラクティス中にブラックスワンレーシングのポルシェが山下りを終えたバックストレート後のシケイン?みたいな右コーナーでコースアウト、リヤセクションを大破してリタイアとなっているようです。
クラッシュ箇所は下図の赤丸部分です。
下りながらかなりの高速で侵入するので非常に危険なコーナーです。ドライバーは意識はあるようですが、コワイコワイ((((゜Д゜;))))

バサースト12時間:ポルシェ911 GT3 Rがリヤ大破の大クラッシュ。ドライバーは検査のため病院へ – auto sport web


仕事に影響が出ないよう、自分はチラ見しておきます・・・
見れる人は是非、ガッツリ見て下さい!
YoutubeのNISMOチャンネルでライブ配信しています。

2019 Bathurst 12 Hour LIVE – Practice, Qualifying & Support Categories – Youtube