バサースト12時間レースレビュー

チラ見がわりとしっかり見てしまって、多少仕事に影響が出ました。Kです。

レースは何が起きるか分かりませんね!
KCMGのリザルトはというと、
#18 オリバー・ジャービス組が総合7位
#35 松田選手、千代選手組が総合15位でレースを終えています。
#35は何やらセンサー系統のトラブルで2度ピットインし、一時25位までポジションダウンしていましたが、どうにか15位まで上がることが出来ました。

トップまで追い上げたのですがマシントラブル😢センサーを変えて、今は、順調に走ってます👍完走目指して頑張ります👍 pic.twitter.com/cANMhDFaST— Tsugio Matsuda (@TsugioMatsuda) 2019年2月3日

松田次生 – Twitter

何のセンサーだったんだろう?エンストしていないので、フェールセーフに入ってるのだと思うけど・・・?

想像はつきませんが、総合1位はEBM(アール・バンバー・モータースポーツ)の#912ポルシェGT3Rが総合優勝。。
ラスト30分でセーフティカーが入り、12時間のレースはラスト20分のスプリントレースで決着がつくようになるという、誰しも予測が出来ない展開に!

セーフティカーが先導中は#62のヴァンテージがトップでした。
#912は通常作戦では勝てないと察し、燃費走行を図り周囲が10回ピットのところ、9回ピットで抑えていました。ただ、燃費走行によりペースが上がらずギャップが開いていく中、あのセーフティカーが入ったワケです。

いやぁ、レースって何が起きるか分からない・・・
セーフティカーが入る前、#912が#999をコース外へ弾き出すアクシデントがありましたが、今回は何もなかった模様。多分スーパーGTではレーシングアクシデントとは取られないと思うけど、お国柄もあるかも?
下のYouTubeからセーフティカーが戻るところ、ラスト20分を見ることが出来ます。あの#912のオーバーテイクは”もののけ姫”の首だけになったモロ?の動きに見えました。(個人的に)

レース内容の詳しいニュースは下記ニュース記事を見てみて下さい。
あと、レースリザルトもどうぞ。

劇的決着! ラスト20分間のスプリントで激走、912号車ポルシェが制す

motorsport.com

KCMGも一時はトップ争いをしていただけに凄く悔しい。
トップを争えるだけの力があるということです。また次回、IGTC第2戦は3月にラグナ・セカで開催されます。

ちなみに、別角度からこのバサースト12時間を見てみると、、
今回歴代最多周回の312周だったようです。そして、このマウントパノラマサーキットは1周6.213kmあるので、12時間で・・・1,938.456km
この距離、どれくらいの距離があるのか調べてみたところ、、
札幌駅~博多駅の距離が約2,000kmだったので、札幌-博多間を12時間で走破していることになります。。
広島から北海道って「遠いな~」って思いますが、GT3車両なら法律を無視すれば半日で行けるんですね(;´Д`)

スーパーGTも面白いですが、海外レースも色々な車種が走っており、色々なコースもあるのでとても面白いです!
是非、この機会に色々なレースに注目してみて下さい。
松田さんはオーストラリアの後泊を楽しんでいるようです。

GTプラスで縦列駐車が上手くなったかな😅 なーんて🤪

冗談で、千代選手と二人での共同作業😅

それにしても、シドニーの縦列駐車が凄い😱よく止められた😅 pic.twitter.com/l86Jik0SdM— Tsugio Matsuda (@TsugioMatsuda) 2019年2月4日